• FAQ
  • よくある質問
  • HOME
  • ブログ
  • FAQ , how to
  • メール送信がスパムまたは迷惑メールとして処理されるのを防止する設定【MAツール】

メール送信がスパムまたは迷惑メールとして処理されるのを防止する設定【MAツール】

配信ツールではクラウドサービスであるAWSのメールサーバーを経由して送信されます。そのため受信側のサーバーまたはクライアントによっては、スパムまたは迷惑メールとして処理されてしまうことがあります。
これを防止するには、使用しているメールサーバーのドメイン(DNS)設定で、MXレコードおよびTXTレコードを以下のように追加する必要があります。

 


Step1

ドメインサーバー(DNS) のコンソールまたはコントロールパネル(DNS設定が行える画面)にログインします。

Step 2

MXレコードやTXTレコード(SPF)などのゾーンの設定を行う画面を表示します。

Step 3

MXレコードに “mail.xxx” (xxx は 使用しているドメイン名に変えてください) と入力し、値に  “feedback-smtp.us-west-2.amazonses.com”と入力します。

Step 4

保存して続けます。

Step 5

SPFレコードまたはTXTレコードで、ホスト名に“mail.xxx” (xxxは使用しているドメイン名に変えてください)を追加して、TXTレコードの値に “v=spf1 include:amazonses.com ~all” と入力します。

Step 6

MAツール管理者に、Step5で設定したホスト名「mail.xxx」を連絡すると、認証のための <key> が発行されます。

TXTレコードで、ホスト名に “_amazonses.xxx ”(xxxは使用しているドメイン名に変えてください )を追加し、値に、MAツール管理者から入手した“<key>”を入力します 。
アカウント毎にDNS keyを発行致します。

Step 7

保存して終了します。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。