見込み客がホームページにアクセスしたタイミング自動アプローチする【MAツールでできること/webサイト連携】

自社のホームページに今日誰が訪問しましたか?そしてどのページに興味関心を持ちましたか?
適切なアプローチは見込み客を理解することが最短です。

MAツールでは専用のwebタグを自社のホームページに埋め込むことで顧客の行動を可視化します。
ホームページと連携されたMAツールは見込み客がwebサイトを訪問したタイミングでアプローチします。
例えば、見込み客がセミナー情報ページに興味関心をもったのであれば数時間後または1日後にセミナー開催に関連コンテンツをオファーします。
商品ページを閲覧したのであれば機能紹介や活用例またはお客様の声など商品関連コンテンツをオファーします。

MAツールのwebサイト連携方法はタグをホームページの<head>と</head>の間に専用タグを埋め込むだけです。

ライセンス毎に専用タグを発行しますので自社のホームページに埋め込んで下さい。

ホームページにアクセスしたリードに対してコンテンツを送信する設定はオートメーションでwebのコンバージョンを作成します。

コンバージョン条件をwebにします。


ページを指定します。


条件を指定します。ページビューや訪問数または動画視聴なども指定できます。


数値を指定します。↑この場合7日間の間に2回以上指定したページを訪問した場合を条件としてます。


設定が完了しました。

配信するコンテンツと配信するタイミングを指定すれば自動化が完了です。


MAツールにご興味御座いましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。