• how to
  • マーケテインングオートメーションツールに関する設定方法やノウハウを説明

MAツール「ワークフローの自動化」

MAツールは反復的なワークフローを自動化します。

例)ホームページやランディングページの作成を行うweb制作会社の例ではこれまで見積もり依頼のお問い合わせがあった場合、営業担当はお問い合わせ内容を確認後、御礼のメールと提案内容を返信しお客様の反応に応じて手動で定期的に追客を行っていました。MAツールを導入後、お問い合わせフォームをMAで作成したフォームに変更しお問い合わせがあった場合、顧客データはお問い合わせの内容別にセグメント化された状態でMAに取り組みお問い合わせ直後に自動でサンクスメールの返信、そしてセグメントにあったコンテンツを数回に分けシナリオメール(ドロップキャンペーン)を配信し興味を引き上げることが可能となりました。
ワークフローの自動化により営業担当者の業務の軽減と見込み客とのコミュニケーションを維持し育成することで成約率を上げることができました。

主なMAツールによるワークフローの自動化
・サンクスメール:リードがお問い合わせや資料請求した直後に自動化されたサンクスメール
・ウェルカムメール:非アクティブだったリードがサイトを訪れたまたはログインしたなど自社のサービスに戻ってきたことをトリガーに感謝や割引またはオファーが含まれた自動配信します。
・シナリオメール(ドロップキャンペーン):時間の経過とともにあらかじめ用意された一連のコンテンツを配信します。
・カゴ落ちメール:カートに入ったまま決済されていない商品を知らせるリマインダーメールや閲覧ページ履歴から再訪問を促すためのオファーを配信します。
・アップセル/クロスセル:購入商品に関連するアイテムを数日あるいは数週間後にフォローアップします。
・記念日や特別な日:パーソナライズ化されたリードリストは誕生日、結婚記念日、母の日など特別日にトリガーされた割引または心からのメッセージを送ります。


MAツールにご興味御座いましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。