MAツールの分析(メール)

キャンペーン、メルマガ、ステップメールのメール配信のKPI(分析)として配信数、到達数、エラー、開封数、クリック数、配信停止、クリックしたwebサイトが御座います。

▶全配信数:配信された合計を確認します。
▶到達数:全配信中何件到達したか確認します。
▶エラー:何件エラーがありエラーの内容を確認します。エラーにはHard Bounce(ハードバンス)、Soft Bounce(ソフトバンス)、Mail Complaint(メールコンプレイント)が御座います。
Hard Bounce(ハードバンス)は使われていないメールアドレスとなります。アドレス入力のミスがないか確認し再度アップするかもしくはリストから削除します。
Soft Bounce(ソフトバンス)は一時的なエラーになります。受信側のサーバーエラーや容量オーバーにより受信されなかったということを意味します。また改めて配信が可能です。
Mail Complaint(メールコンプレイント)はスパム扱いになったということを意味します。
▶開封数:メール開封した数になります。
タイトルの改善や配信時間の変更または未開封リードだけに数回配信し全体の開封率を上げたりしデータをもとに施策します。
▶クリック数:メール内をクリックした数になります。
コンテンツの最適化をしクリック率を上げる施策をします。

クリックしたwebサイトURLを確認しリードの反応に応じたコンテンツを配信します。

webサイトの閲覧履歴からセグメント化し適切なコンテンツを配信します。


MAツールにご興味御座いましたらご遠慮なくお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。