• how to
  • マーケテインングオートメーションツールに関する設定方法やノウハウを説明

MAツールのスコアリングとは

スコアリング機能はMAツールのコア機能です。
全てのリードが自社の製品やサービスに同じように興味を持っているわけではありません。よって最も可能性の高いリードに注力して時間を費やしリソースを集中することは理にかなっています。

スコアリングは、育成に時間を費やすべきリードを決定するのに役立ちます。

スコアの数値が高いほど購買意欲が高いホットリードとなります。その数値の割り当てはそれぞれです。
例)としてメールの開封に(1)メール内クリックに(3)webページを閲覧した(5)イベントに参加した(10)などリードの反応を数値化します。最終的にはスコア(15)で購入の準備ができたリードとなるわけです。

リードがそのフェーズにいるのか数値によって理解することが可能です。
マーケティングファネルの上部フェーズ、認知は1、興味関心は3、検討比較は5、5以上で営業チームに引き渡しリスト対象とします。

このようにリードスコアリングモデルを使用してリードをより適切にターゲティングしましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。