• how to
  • マーケテインングオートメーションツールに関する設定方法やノウハウを説明

営業チームにも強いMAツール

MAツール(マーケティングオートメーション)はマーケティング活動の自動化ツールすすがマーケティング同様に営業チームにも有益です。

顧客の行動を可視化する

MAは見込み客の行動を可視化します。
ホームページの閲覧履歴やメールの開封やクリックなどエンゲージメントを記録します。これにより見込み客がどのコンテンツに興味もっているかまた興味関心レベルがファネルのどのステージなのか行動によって理解することができます。

スコアリング機能

見込み客のアクションに基づいて点数をつけ、優先順位を評価するスコアリング機能があります。この機能を使って特定のスコアを超えるとアラートで知らされ営業担当者はホット見込み客を見逃すことなくアプローチができます。コールドコールを減らし適切なタイミングで適切なアプローチによりより良いコンバージョンを生み出す可能性が高くなります。

自動追客

MAはナーチャリング(見込み客の育成)にとても優れたツールとなります。失注リストまたは休眠リストを自動設定されたメールマーケティングによりリストマネジメントを行います。
まだ十分な興味関心を示していない見込み客を販売の準備が整うまでコミュニケーションを取ります。

手動業務の自動化

MAの目的な非効率的な手動業務を自動化し生産性を上げることです。自動化することで1人の担当者が何万もの顧客をフォローアップすることが可能となります。
メールテンプレートやLPのテンプレートなどを活用し多くの見込み客へアプローチすることができます。

MAツールはマーケティングチームだけでなく営業チームにも力を発揮しビジネスの効率を高めます。
MAツールに関するご相談お気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。