• how to
  • マーケテインングオートメーションツールに関する設定方法やノウハウを説明

不動産業界のMAツール活用

オンラインマーケティング成功のためにMAツールをどのように活用していますか?
現在、多くの企業がMA(マーケテイングオートメーション)を収益成長への重要なツールと評価しております。

MAツール(マーケテイングオートメーション)とは

マーケティング業務の自動化ツールとなるわけですが
マーケティング活動における反復的な手動業務をソフトウェアとテクノロジーを使用して自動化することです。
メールマーケティングからはじまり、自動セグメント、顧客の行動によるアプローチ、コンテンツ作成、顧客の興味レベルを引き上げ今すぐ客のリスト化から顧客の定期的なコミュニケーションを円滑にするフォローを自動化します。

不動産のMA活用(ランディングページ作成)

MAの機能にはノーコードで簡単にLP(ランディングページ)作成がいくつも制限なく作成できます。
物件案内用にLPを作成し申し込みフォームを設置し説明会や内覧会の集客で活用します。

MAのLP制作はダッシュボードのコンテンツ作成から行います。

不動産のMA活用(お問い合わせフォーム作成)

LP(ランディングページ)内にお問い合わせフォームまたは申し込みフォームを設置します。
MAの機能にお問い合わせフォームを柔軟に簡単にドラッグアンドドロップで作成が可能です。
アンケート形式に希望沿線駅、間取りの希望、物件種別、専有面積、こだわり条件、入居予定時期など項目入れ顧客にニーズを引き出すことができます。

お問い合わせフォームの作成はコンテンツメニューの顧客登録フォーム作成で行います。
ドラッグアンドドロップで誰でも簡単に短時間で作成できます。

不動産のMA活用(メールマーケティング)

顧客リストへメールマーケティングを行います。
エリア別または物件条件別、ファミリー向けなどメール配信するターゲット(セグメント)を分けセグメントに関連したコンテンツをアプローチします。
メール配信するコンテンツはHTMLメールコンテンツを配信します。メール内にアンケートリンクで現在検討中の物件詳細を聞き出す施策としても有効です。
HTMLメールコンテンツの作成はMAで簡単に自由に作成可能です。
配信したメールから顧客の行動を可視化し興味レベルまたは関心のあるコンテンツに基づいたコンテンツを次のステージでアプローチします。
またアンケート回答に基づいたセグメント分けを自動で行い回答に合ったコンテンツをアプローチします。

不動産のMA活用(自動化)

MAによるオンラインマーケティングの自動化設定で営業時間外でも顧客のタイミングで適切なコンテンツをアプローチすることができます。
次の日の確認後のメール返信などの手間と時間を削減することで機会損失をなくします。
またポータルサイトに頼らず自社のwebサイトをしっかりマーケティング活用することができます。

その他、MAは多機能でマーケティング課題と目標に合わせたシナリオ設計が可能です。
不動産のMA活用について詳しく知りたいなどご相談はお気軽にお問い合わせください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。