MAツール(マーケティングオートメーションツール)のスコアリングについて

スコアリングは、効果的なMAツールの重要な機能です。
すべてのリード(見込み客)が同じように商品・サービスに興味関心を示しているとは限りません。
したがって、自社の商品・サービスの顧客になる可能性が最も高いリードに時間とリソースを集中させることは合理的である。

スコアリングは育成に時間を費やすべきリードを決定するのに役立ちます。
収集したリード情報を分析しスコアリングして評価します。
スコアリング情報は顧客になる可能性を判断します。

リードをスコアリングするときは数値を割り当てます。
それらの数字は「メール開封」(3)、「クリック」(5)、「サイト閲覧」(2)といったように見込み客が取った行動や提供した情報に対してどのように関わったかに基づいています。
見込み客がwebサイトからクーポンをダウンロードしたり、動画を視聴したり、ソーシャル メディアで定期的にwebサイトを訪問したり関わりが多いほど見込み客のスコアを高くすることを決定します。

スコアが高いほど顧客へと近づきます。

MAツールのスコアリング設定手順

MAダッシュボードのスコア設定画面で設定します。

リードがどういう行動をしたときのスコアかをまず決めます。
例)1つはメールを開封したら5とします。 2つ目はメール内のリンクをクリックしたら3 3つ目はwebサイトを閲覧したら2
上記のように3つのトリガーを設定します。

設定後、リードリストにスコアが反映します。
リードの価値をどのように定量化するかは自社の判断基準となります。数値を割り当てることで、誰に時間とリソースを投資すべきか一目でわかるようになります。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。